1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「美容施術全般」

ケミカルピーリングに関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:美容施術全般/性別:女性/年代:30歳代

以前こちらで相談させていただきました。

ピーリングで目頭にやけどをし、広範囲に皮がボロっと剥け、目頭から下まぶたにかけて
皮膚がかなり薄くなってしまったようで、夕方は青黒く、お風呂上がりは目の周りが真っ赤になるような感じで、くまがひどくなってしまいました。

目頭のほうは、無数のちりめんジワができ、皮が剥けた際に変な剥けかたをしたので、笑ったとき涙袋が出来た時、目をつぶった時に目頭にシワが何本もよってしまう状態です。

これは、かさぶたのような皮がひと皮ベロッとむけたので、ひきつれのようなものなのでしょうか、下まぶたもいまだゴワゴワな皮膚で、たるみの心配もしています。

以前質問した際、自然治癒を目指してくださいとのことでしたが、このまま保湿剤のケアで、シワと肌の状態が戻るか心配です。


やけどをしてから1ヶ月と少し立ちましたが、まだまだ皮膚の状態が戻るまで時間がかかるだけなのでしょうか?

何か形成外科で処置を施す必要があればアドバイスをいただければと思います。
大変心配です。

どうぞよろしくお願いします。


この相談に対する美容外科からの回答です

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 ピーリング後ですので保湿が大切でしょう。
保湿クリームをつけるようにしてください。
シワが多少改善されるでしょう。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町2-25-6
TEL (052)583-7077 
H P http://www.nkclinic.net
メール nkclinic@sunny.ocn.ne.jp

 名古屋形成クリニック 院長 上 敏明
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

名古屋形成クリニックのページへ移動

神田美容外科形成外科医院からの回答

美容外科からの回答 ケミカルピーリング後は角質層が薄くなっていますので、
軟膏を塗る等してもうしばらく皮膚の回復を待ったほうが良いかと
思います。
3ヶ月程してもシワが気になるようでしたら、美容外科でのシワの治療を考えても良いかもしれません。

神田美容外科形成外科医院のページへ移動

久保田潤一郎クリニックからの回答

美容外科からの回答 保湿と遮光が一番大切です。
ただし、保湿剤は選択が重要となります。
その他にイオン導入などが良い場合がありますが、専門医の診察が必要でしょう。
お近くの専門医または当院にご来院ください。
自己判断はよろしくないです。

久保田潤一郎クリニックのページへ移動

ふくずみ形成外科からの回答

美容外科からの回答 お問い合わせありがとうございます。院長の吹角です。

以前こちらで相談させていただきました。

ピーリングで目頭にやけどをし、広範囲に皮がボロっと剥け、目頭から下まぶたにかけて
皮膚がかなり薄くなってしまったようで、夕方は青黒く、お風呂上がりは目の周りが真っ赤になるような感じで、くまがひどくなってしまいました。

目頭のほうは、無数のちりめんジワができ、皮が剥けた際に変な剥けかたをしたので、笑ったとき涙袋が出来た時、目をつぶった時に目頭にシワが何本もよってしまう状態です。

これは、かさぶたのような皮がひと皮ベロッとむけたので、ひきつれのようなものなのでしょうか、下まぶたもいまだゴワゴワな皮膚で、たるみの心配もしています。

以前質問した際、自然治癒を目指してくださいとのことでしたが、このまま保湿剤のケアで、シワと肌の状態が戻るか心配です。


やけどをしてから1ヶ月と少し立ちましたが、まだまだ皮膚の状態が戻るまで時間がかかるだけなのでしょうか?

何か形成外科で処置を施す必要があればアドバイスをいただければと思います。
大変心配です。

→状態を診たうえで、当院ならビタミンC誘導体のローションと・ジェルを処方します。
やけどや傷の回復にビタミンC誘導体が重要な役割を果たします。

相談者の方の治療が順調に進みますことをお祈りしております。

吹角 善隆 拝



ふくずみ形成外科のページへ移動

カリスクリニックからの回答

美容外科からの回答 薬品による皮膚損傷で、chemical burn にあたり、その損傷の程度(薬品の強さ、作用時間、受傷後の処置)によって正常に戻るものから瘢痕形成で戻らないものまであるでしょう。
治療は、原因である薬品を出来るだけ早急に取除く(中和させることもある)、あとは自然治癒を妨げないようにするしかありません。
所謂熱による火傷では、冷やして熱作用を止め、後は感染を防ぎつつ軟膏や創傷被覆剤を使うことになります。
熱傷創が治癒(上皮化)したら、あとは瘢痕の程度になり、本来の真皮が備える汗腺や皮脂線、毛穴などの皮膚付属器の機能がどこまで回復するか?ということになります。
形成外科的、皮膚科的、あるいは美容外科的な改善策のお尋ねですが、保湿に気をつけながら時間の経過による回復を待つしかないでしょうね。

カリスクリニックのページへ移動

[スポンサード・リンク]