共立美容外科・歯科 新宿本院 口コミ・評判

共立美容外科・歯科 新宿本院

1510053 東京都
 渋谷区代々木2-9-2 久保ビル7F
最寄り駅: 新宿駅
電話番号: 0120500340
WEB:

美容相談ドットコムの総合獲得ポイントをベースに
過去12週のランキング推移をグラフ表示します
大きな下落です
総合ランキングへ戻る

医院のアクセスマップ

座標が見つからない場合には地図は表示いたしません
成田空港羽田空港関西空港福岡空港地図拡大
(それぞれの空港からのルート案内を表示します)

医院の概要

院長・治療責任者 久次米 秋人

院長ご挨拶 当院は、全国各医院のドクターひとりひとりが日々、技術の向上に努力し、様々な新しい手法を開発してきました。昨今、たくさんの美容外科がある中で、当院の手術料金は、決して安いわけではないと思います。私たちは、「クオリティの高い、患者さんの立場に立った美 容外科手術を行う」という開院時の信念を基に医療器具、機材、薬にこだわり、医師をはじめ全てのスタッフが、常に最高のクオリティで患者さまに対して対応させていただいております。

美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、あなたの夢に近づけていきます。術後もご相談の機会をご用意して、いつまでもあなたの素敵な明日を応援していきます。

院長経歴・職歴 1983年 金沢医科大学医学部卒業
1983年 高知医科大整形外科入局
1989年 東京本院(品川)開院
2002年 本院を新宿に移転

院長資格

院長所属団体 日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本脱毛学会
北米脂肪吸引形成外科学会
日本坑加齢美容医療学会

治療メニュー 二重まぶた・目もとの悩み/鼻の悩み/プチ整形/ワキガ/多汗症/脂肪吸引/痩身/豊胸・胸の悩み/アンチエイジング・美肌/レーザー脱毛/りんかく/美容歯科/女性の悩み/男性の悩み/毛髪再生療法/ピアス/刺青を消す

料金概算:
¥ 36,000:二重まぶた・埋没法
¥ 324,000:全切開法
¥ 432,000:眼瞼下垂
¥ 617,200:フェイスリフト
¥ 390,900:豊胸術(プロテーゼ挿入)
¥ 270,000:乳頭縮小
¥ 410,400:脂肪吸引(二の腕)
¥ 100,800:脂肪吸引(あご)
¥ 324,000:脂肪吸引(ウェスト)
¥ 324,000:脂肪吸引(おなか)
¥ 324,000:脂肪吸引(お尻)
---:脂肪吸引(太もも)
---:脂肪吸引(ふくらはぎ)
---:再生医療(PRP)
---:再生医療(線維芽細胞)
¥ 302,400:隆鼻術(プロテーゼ)
¥ 1,080,000:エラ骨削り
---:あご骨削り
¥ 864,000:ほほ骨削り
---:ヒアルロン酸
¥ 54,000:ボトックス
こちらの料金は、美容相談ドットコムのスタッフが1ヶ月~3ヶ月~半年に1度、医院のホームページを直接拝見して更新しています。最新の料金表は必ず該当医院のサイトをご覧下さい。
またこちらの料金はキャンペーン価格は反映されておりません、定価の表示となっています。
料金の部分が「---」となっておりますのは「未調査」または「不明」、医院では未対応のメニューとなっております。
医院の料金表ページ:http://www.kyoritsu-biyo.com/price/list.php


このクリニックへよせられた口コミ・評価・体験談

公開口コミ全体数:3 非公開口コミ数:0


豊胸&脂肪吸引をして人生が変わりました。
今まで着たいと思っていた服が何でも着れて、
彼氏もできました!!
思い切ってやってみてよかったです。

美容外科口コミ|美容相談ドットコム全ての口コミをWEBで見る(公開中のみ)美容外科口コミ|美容相談ドットコム全ての口コミをメールに送付する(公開中+非公開)



このクリニックが回答した過去の一斉相談への返信内容「最新3件まで」

美容外科への質問 相談種別:美容施術全般/性別:女性/年代:20歳代
美容外科口コミ|美容相談ドットコムこの質問に対する他のクリニックの回答も見る

2011年9月27日火曜日に初めてエラボトックス注射を受けました。

問診の時に「そんなに咬筋が発達しているわけではないが・・」と言われつつ、打ってみなければわからないので、一度受ける事になりました。
寝た状態のまま、「咬んでー弱めてー」と言われてから打たれました。
左3回・右3回ぐらい、先生は打ち直ししながら打っていた感じがしました。左1本・右1本の注射の量だと思います。

次の日、顔の輪郭が従来の大きさより大きく腫れあがりました。
腫れてるというより、注入した液体が全部ボコッとなっているという感じです。(打ち間違いでは?と感じるほどです。
触ると少し痛く、熱を持っています。
青くはなっていません。
ヒエピタで冷ましましたが、いっこうに熱をもって熱いままです。

受けた医院に連絡すると、
次の日の木曜は休診で、金曜から来週の火曜まで学会で休みだという事。

正直、従来よりもボコッとくっつけたような大きくなった顔のまま生活するのは恥ずかしく困っています。

どこに受診すればいいのかも分からず困っています。
そして治るのかどうか不安でいっぱいです。


美容外科からの回答 こんにちは。
共立美容外科 院長の久次米でございます。
ボトックスのご相談ですね。
ボトックスの種類も沢山あり、クリニックによって入れる量なども違う為経過なども変わって参ります。
やはりボトックスを行っていただいたクリニックにお問い合わせをしていただくのが宜しいかと思いますがお電話の受付も行ってないのでしょうか?
宜しければ当院でも診察することは出来ますのでお気軽な気持ちでいらして下さいね。
お待ちしております。
共立美容外科 

美容外科への質問 相談種別:治療方針/性別:男性/年代:20歳代
美容外科口コミ|美容相談ドットコムこの質問に対する他のクリニックの回答も見る

小さい頃から上まぶたがたるんでおり、確かに普通の一重の方とはまた違いまぶたが目尻側に垂れている感じで、目が開いてないなどとは言われてきましたが特に気にしていませんでした。

しかし上眼瞼皮膚弛緩症ではないか?と転居先の形成外科の先生(他の部位で形成外科の先生には常時お世話になってます)に指摘されて驚きました。

お医者様は私のまぶたをもちあげて「上の方も見えるでしょ?これが普通なので、視野が狭くなっている。まぶたが瞳孔にかかっているから保険適用もされるので手術したらどうか」とおっしゃっていました。

確かに視野が広がるのであれば単純に嬉しいのですが保険適用とその差がよくわかりません。

垂眼瞼下は二重まぶたにすることが一般的なようですが、上眼瞼皮膚弛緩症の場合はどうなのでしょうか?
また程度の違いはあれど、私のように目があまり開いてない友人などがすぐ数人ほど思い出せるので該当する者が相当数いると思います。
私や彼らはだいたいが上眼瞼皮膚弛緩症で出来れば治療した方が良いが余り知られていないということでしょうか。

確かに上の方の視野はありませんが、日常生活で支障が生じるかと言われれば無いと思いますし垂眼瞼下の方のように頭痛や肩こりが併発することもありませんから、そもそも視野を少しばかり広げる為に手術をするということが良いのかどうかもわかりません。

この点について、教えて頂ければと思います。



美容外科からの回答 お問い合わせいただきありがとうございます。共立美容外科でございます。当院では保険の取り扱いはございませんので断言は致しかねますが、眼瞼下垂で保険の適応になるかどうかの境界はひとつには、ご質問にもあるように上まぶたの縁が黒目の上1/2を隠すところまで下がっている状態が目安になりうるでしょう。他にはやはり質問にあるように視野を狭くしてしまっているという見た目以外の実害があるかどうかといったところなのではないでしょうか。
ただし頭痛や肩こりなどの合併は個人差がありますので、これらが保険適応の根拠には必ずしもならないかもしれません。いずれにいたしましても、ご本人が切実な必要性を感じておられないのであれば手術を受ける必要はないということですね。また、まぶたの皮膚のたるみを切除する場合、切った傷跡が二重のラインになることが傷をもっとも目立たなくする方策ですので、基本的に「二重にしない」という選択肢は当院では考えたことはございません。

美容外科への質問 相談種別:美容施術全般/性別:女性/年代:20歳代
美容外科口コミ|美容相談ドットコムこの質問に対する他のクリニックの回答も見る

2ヶ月前に 切開法で二重の手術をしました。
今の状態に とても不安があるのでアドバイスお願いします。
切開線の赤みがひどく線上だけでなく糸を付けていた跡(横線ではなく縦線)も赤く
残っています。
2ヶ月経つのに薄くならないので不安に思っています・・
先生はステロイドの軟膏をくれましたが それを塗ると翌日に目の充血や
目の周りの痛みなどがでる為 このまま塗っていいのかも疑問です。
2ヶ月経つのに遠めで見ても切開したとわかる程の赤みがあっても大丈夫でしょうか?
あと 赤みをひきやすくする方法などはないでしょうか?
その反対に これをすると赤みがひきにくいなどもあれば教えてください。(長風呂はダメなど)
その他にラインなども気に入っていないので 傷が落ち着いたら修正も考えています。
よろしくおねがいします。


美容外科からの回答 お顔の場合で術後2ヶ月経ってもまだ赤みが強いとなると、通常よりはやや経過が長い
ようですね。このような場合、赤いところにステロイドの注射をするのが一般的です。
軟膏のステロイドですと、他の部位よりも薄い瞼の皮膚には少々刺激が強すぎる場合があります。皮膚の下に注射する形のほうがトラブルも少ないと思います。
傷跡の組織は刺激に弱いので、赤みが強いうちは瞼のお化粧は控えめにしておいたほうが良いでしょう。

共立美容外科・歯科 新宿本院でさらにサイト内検索をしてみる


Copyright(C)biyou-soudan.com. All Rights Reserved.